■毎週水曜22:00~ 日本テレビ
■公式サイト https://www.ntv.co.jp/kemonare/

獣になれない私たち 第3話~第6話感想/ラムなら甘いよ

だいぶ間が空いてしまいました、「けもなれ」の感想…
いや、3話くらいまでめちゃめちゃイライラしてたし、見るだけでしんどかった、このドラマ!

第1・2話の感想で書き殴りましたけど、ほんとうにガッキーに感情移入できなくてイライラしてた(笑)
…って知人男性に話したら、
「あー。イライラしちゃうんだ。ああいう人に」
って、私の器が小さいみたいに言われましたけど、だから何か?(笑)
自分に都合のいいときだけ「晶いなかったらストレスで死んでる~」とか言って甘える男、クズすぎる~
それで、呉羽と寝たこと、自分で耐えきれなくて晶に言っちゃうとか。
耐えきれなくなるようなことするなよな。
やるなら一生隠し通せよ。
晶の暗い部屋でうずくまって待って、ぼくちん悪い子なの晶をけなげに待つのってカァー!腹立つ!
根元の「晶さん男見る目あるね~」みたいなイヤミがほんと爽快だった。
あ、でもその知人男性、「おもしろいけど中身ないよねこのドラマ」とも言ってた。笑
まあ、ある意味、そうかもね!

だけど、4話から晶がかなり開き直ったね。
それはやっぱり根元と寝てもいいと思ったあたりからなのかな…
つくもオーフ!
ビールくらい好きに飲ませろ!
のあたり。
京谷がどんな男かも心の底ではわかってて、なのに別れられない、むりやり都合よく解釈してるだけってことも、晶はとっくに気づいてたんだね。

それに京谷も、居候の元カノに「彼女となんかあった?」と探りを入れられて、「話、聞いたげよっか?」と弱みにつけこんでこられて、「お前が言うな」と言い返すだけのマトモさはまだあったのね、そして5話ではついに家を出たじゃん!よしよし!
……と、マイナスから入ってるので、ゼロ地点に近づいてるだけの状態でも、よくやった、よくやった、と錯覚してしまうところがあります。

ところで根元と5tapのオーナーのおじさんが、晶が京谷と呉羽のことを怒ってるときに、
「状況は関係なく、誘われたらしちゃうよねえ(ニヤニヤ)」
と、晶の気持ちに完全に寄り添うわけではないけど、
「バカだねえ!バカ同士。バカバカしい!」
と、言い切ってくれる、そんな、ちょうどいい関係なのがとってもいい。
あの店のシーン見るとほんとクラフトビール飲みたくなる。まだ水曜なのに!

晶と根元のぎりぎりの友情もいい。
キスするかしないかの押し問答やばかったね。
「ラムなら甘いよ」に垣間見える征服欲と、簡単には許さないのに京谷のためにあっさり自分からキスする晶。
くーっ!

黒木華はイヤな女がうまい。

っていうか京谷の友達がマジできもくて無理。

京谷と晶の関係も、根元と呉羽の関係も、かなり濃厚になってきましたけど、やっぱり気になる根元の「悪いお金」!!
橘カイジのことをめちゃくちゃ探る根元かわいかったな…
次週はそっち側の話も進みそうだな~!