■毎週火曜21:00~フジテレビ系列
■公式サイト
 https://www.ktv.jp/bokura/index.html

僕らは奇跡でできている 第6話感想/どうしたら自分と仲良くなれるんですか?


育美がついに自分の息苦しさの原因にたどりついた……!

今まで、相河先生の言葉をあんなに拒否していたのに、急に今までの相河先生の言葉が走馬灯のように駆け巡って、自分というものを客観的に見るようになったのってなぜなんだろう、って思いました。
それはやっぱり、相河先生がいつも疑問を投げかけてきたから?
「楽しいですか?」
「本当は、どうしたいんですか?」
「どうして泣いたんですか?」
きっと今まで育美に誰も問いかけなかったこと。
相河先生が(少々図々しいときもありつつ)少しずつ、誰も踏み込まないところへ踏み込み続けたからかなあ。
ズカズカと入るのではなく、一歩だけ、ぎゅっと踏み込んで、ふっと自分の世界へ戻っていく。
あの、ハンカチを返しに来たクリニックでのやりとりのように。
「自分をいじめてしまうんですね」
「・・・・・・」
「帰ります」
~中略~
「本当はどうしたいんですか?」
「・・・・・・」
「帰ります」
そんな感じで。
育美も、もうこのころになると「帰るの…?」という顔をしだして、ついには自分で電話をかけて、「私も一緒に森へ行ってもいいですか?」と言い出す。
で、こ、このせりふを聞いた時の相河先生の優しい微笑み!!!!!!
やばかった・・・
ファンの人はさぞややられたことでしょう・・・

で、森での会話ですよ。
急にスルスルと糸が解けるように本音を喋り出す育美。
人前で泣かないと言っていた彼女が、涙まで流して。
榮倉奈々の泣きの演技よかった。すごくリアルな大人の女性だったな。
「どうしたら自分と仲良くなれるんですか?」
の質問にはっきり答えるでもなく、目の前で、リスが橋を渡ったことに大喜びする相河先生だけど。
「こっち側の世界」と「あっち側の世界」がつながった瞬間は、相河先生の世界と育美の世界が、かめの世界とうさぎの世界がつながった瞬間だったんだね。
渡れることに気付かなかったリスが、相河先生が一生懸命工夫した橋を見つけて、トコトコトコッと渡った瞬間。

暗喩が重なり合うドラマ

うさぎとかめや、リスの橋の話もそうだけど、あちこちの暗喩がすばらしいなって。
「抜いた歯は歯で埋めたい、だけどそれは無理」=「育美は彼に愛されたかった、いくら仕事で胸にぽっかりあいた穴をごまかそうとしても、それは無理」
「歯を抜いたままなんですよね?右でばっかり噛んで大変じゃない?」も同様。
丁寧に暗喩をちりばめた子供向けのお話みたいに、ほかほかと沁みてくる。

家政婦の山田さんはやっぱり…

相河先生の実の母親だったりして~なんて展開を期待したりしてます。
相河先生作・へんな形の餃子を、怒りそうなもんなのに、するっと「スープに入れちゃいましょ!!」と柔らかい頭で対応しちゃう。
スープをかえっておいしくしてしまう。
前回も、相河先生は周りの大人に恵まれたって書きましたが、こんな山田さんに育てられたから、相河先生は自分と仲良くなれたんじゃないかなあと思うのです。