■毎週火曜21:00~フジテレビ系列
■公式サイト
 https://www.ktv.jp/bokura/index.html

2018年10月16日(火)放送分

僕らは奇跡でできている 第2話感想/一番仲良くなりたい人と仲良くなれたからいいんです

今回もうさぎとかめの攻防戦でしたねー

公園で話をする相河先生と虹一くん。
虹はどうして「虫へん」なんだろう、虫が渡る橋だからかな……などと、ほほえましい会話をしていると、虹一くんの母親がやってきて、「知らない人と話しちゃダメ」と言う。
話の都合上、さも悪者みたいになっちゃってたけど、そりゃ心配するよね……(^^;)

大学では、相河先生を蹴落とそうと見当違いな方向へがんばってる樫野木先生(要潤)w
すべてを見抜いてかわす鮫島教授(小林薫)。
樫野木先生も「滑稽なうさぎ」ポジションなのね。

相河先生のフィールドワークは、なんだかんだめんどくさがってた学生たちも、友達と一緒だとだんだん楽しいこともあったりして。
そういう、大小はあれ、ちょっとでも興味をもつっていうのは、五感で体験したからかなあと思った。

さて、育美先生のほうは。
彼氏はもうだめだね(笑)
もうそのモードに入っちゃったら何しても劣等感もたれるわ。
どーしよーもない。
相性が悪かった。
ってか、なんで付き合ったんだろうね、育美が医者なのは最初からわかってたのに
早々にお別れしそうな気配ではあるけど、2話ではまだ別れず!(笑)

相河先生が寝る前に「イーッ」てやるの、かわいかったし、なんかよかった。
今日自分を不快にさせたやつらに「イーッ」してるみたい。笑
それぐらいならかわいいじゃない。笑
それで、なんか、すっきりして、寝られるっていうおまじない。私もやろうかなあ。

育美と相河先生が、焼肉屋さんでばったり出会って、かみ合わない会話をするシーンも、良かったです。
てか、家政婦さんが肉食べに行くからって、自分も肉食べに行くなんて、張り合ってかわいいな~と思ったけど、そうか、歯が治ったからもあったのね。


「僕はなかなか人と仲良くなれないけど、一番仲良くなりたい人と仲良くなれたからいいんです」

「昔の僕は僕が大嫌いで、毎日泣いてました」

は、ちょっとホロリ。
どういうことがあって、相河先生は自分自身と仲良くなれたんだろう。
育美は、自分の事が好きなんだろうか、嫌いなんだろうか。

うさぎとかめの「うさぎ」に喩えられたことをひどく気にしてる育美は、やっぱり自分に自信がないように見える。
誰もがうらやむ容姿とステータスをもっているのに。

育美にそう言ったことを覚えてもいない相河先生に、笑っちゃった。
あんなふうに自由に生きられたらいい、とまでは言わないけど、きっと育美は相河先生のことを、ただただ拒否るんじゃなくて、少し興味をもって見るようになったんじゃないかな?

道端でまた何かを観察してる相河先生を、無視するんじゃなく、ちょっと声をかけたラストシーンで、そんなふうに思いました。